ふたご妊娠の記録

産休中に入って暇なので、双子を妊娠した人が少しでも参考になるようにブログを書こうと思います。東京在住です。

双子妊婦の妊娠後期の体調・帝王切開講座・バースプランについて

妊娠後期になって赤ちゃん達が合計3000gを超えてきたので、いよいよ体が辛くなってきました。(今は32週1日目です)

一番辛いのが、恥骨痛です。前から少しは感じていたのですが31週になってとても酷くなり、歩く速度が格段に遅くなりました。立つときは激痛、寝返りをうつときも痛いですし、何もせず座っているときでも痛く感じることもあります。

次に、屈むのが辛くなってきました。体重をあまり制限していないからかもしれませんが(今は+13kgくらい)靴紐を結ぼうとするとお腹がつかえてとても痛いです。物を落としてしまったら夫に拾ってもらうことが多くなりました。

そして、ついに”お腹がはる”というのがどういう状態かわかるようになりました。お腹がずっと大きかったからか、20週くらいからお腹がはりますか?という質問を受けていたのですが、その頃はお腹がはっていなかったのでよくわかっていませんでした。お腹がはった状態とは、表面がすごく硬くなって赤ちゃん達の居場所が簡単にわかるようになる状態のことのようです。寝る前と寝起きに特にはっていると感じることが多いです。大体数分でおさまります。31週なので、ついに切迫早産気味になってきたのか…ととても心配しましたが、検診では頸管長は35mmで赤ちゃん達の状態も良好とのこと、安心しました。

 

今日はマミーサロンで、帝王切開についての講座を受講しました。母親学級などでは帝王切開の話より経膣分娩の話が中心なので、帝王切開やその後のケアの方法についてじっくり話が聞けて良かったです。バースプランも、帝王切開だからあまり書いても意味がないかな…と思っていたのですがアイデアをたくさんもらったので何か書けそうです。

 

今の所書こうと思っているのは、

  • 手術前後に夫以外の親戚に会いたくない(赤ちゃん達には会ってもらってOK)
  • 可能ならお腹は横に切ってほしい
  • できるだけ痛くなくしてほしい
  • 手術中、血を想像させるようなことはあまり言わないでほしい
  • お世話が辛すぎるときは赤ちゃんを預かってほしい
  • 産後直後のお世話から夫ができる部分は夫にしてもらいたい

という感じです。自分が楽をしたい!という内容ばかりですが、双子の子育ては絶対大変なので始まりくらいはできるだけ楽にできればいいなと考えました。

今日はもっとポジティブな赤ちゃんたちと自分の出会いについてのプランについても習ったのでそれも追加で書いていきたいと思います。